トイレトラブルの場合

トイレ水漏れと一口に言っても、場所や症状は全く異なります。頻繁に起こりやすい水回りとして、トイレがありますが、タンクからの水漏れ、便器と床の隙間からの水漏れ、配管のジョイント部分からの水漏れがあります。便器内でずっと水が流れている原因として考えられるのは、そのほとんどがタンク内のトラブルです。タンクの中は多くの部品によって構成されていますので、どこか一箇所でも不具合や劣化が起きると、故障しやすくなります。

例えば、タンク内の水漏れを防ぐためのゴム玉が劣化、変形、壊れている場合には水漏れが起こります。あるいは、結露防止用の発泡スチロールが膨張することでも水漏れを引き起こすこともあります。時々、節水用のペットボトルを入れている為にタンク内の動きを邪魔して起こることもあります。トイレの水量は、予めメーカーが計算して調節されています。ペットボトルによる節水行為は、逆にタンク内の動きに干渉してしまう恐れがありますので、あまりお勧めできません

トイレの水漏れは、タンク内故障、レバーの不具合によって引き起こされることがほとんどです。対応としては、部品の交換が必要になりますので、深刻な状況になる前に、水回りの専門業者へ相談されると良いでしょう。