Category Archives: 未分類

その他水漏れトラブル

家庭内での水漏れトラブルは、トイレ、台所の他にも、あらゆる水回り箇所から発生します。お風呂場では、蛇口やシャワー口からポタポタと水漏れが起こるケースが多く、深刻な状態でなければ、中のパッキンの交換やヘッド部分の交換等で対処できる場合があります。ただし、蛇口の付け根部分が劣化して錆等が出ている時は、排水管そのものを交換する必要があるケースもあります。または、蛇口と壁の間から水漏れが起きて、壁から水がつたって漏れてくるような場合や、排水管ジョイント部分からの水漏れがあります。

道具洗面台でも同様に、蛇口から、洗面台下の排水管から、シャワーヘッドからの水漏れがあります。分解できるようであれば、ゆるみが原因であればナットやネジを締め直し、パッキンの部品の劣化の場合は部品交換を行うことで、簡単に修理が可能です。ただし、最近の新しいタイプの蛇口、水栓は、機能やデザインが多様化しており、部品をわざわざ手配しなければいけないケースもあります。また、排水管の錆や劣化等、素人には手が出せないと判断した場合には、まずは専門業者に相談をして、見積りを出してもらうと良いでしょう。費用がかかるのが惜しいとそのままにせず、早いうちに対処することが最善の対策です。

台所トラブルの場合

キッチン台所も水のトラブルが発生しやすい場所です。その多くが蛇口からの水漏れですが、最近の台所の蛇口はレバーが主流ですので、部品が複雑化し、ひねると出る便利さがある一方で、水漏れが起こっても自分では直せず、専門業者を呼ぶ必要があります。ほとんどの場合が蛇口周辺の部品の劣化が原因になりますので、蛇口や部品の取替となるでしょう

台所のシンク下にある止水栓や蛇腹ホースからも水漏れが起こります。このケースの場合、気付けばシンクを開けると水が溜まっていた、少ししっとりしている気がするといった状態になります。放置してしまうと床が腐ったり、階下まで水が漏れ出したりと大事に至ることがありますので、発覚した段階ですぐに止水栓を止めて、専門業者に相談するようにしましょう。

台所の排水口や排水管のつまりによる水漏れもあります。食べ物のかすや油汚れ等を流し続けることで、排水管がつまり、水が溢れて水漏れを起こすケースです。この場合、手でゴミを取り除いても溢れてくるのであれば、余計な対応はしないで、すぐに専門業者を呼ぶようにしましょう。無理につまりを取り除こうとして、逆に奥に押し込んでしまって、簡単に対処できなくなる可能性がある為です。

トイレトラブルの場合

トイレ水漏れと一口に言っても、場所や症状は全く異なります。頻繁に起こりやすい水回りとして、トイレがありますが、タンクからの水漏れ、便器と床の隙間からの水漏れ、配管のジョイント部分からの水漏れがあります。便器内でずっと水が流れている原因として考えられるのは、そのほとんどがタンク内のトラブルです。タンクの中は多くの部品によって構成されていますので、どこか一箇所でも不具合や劣化が起きると、故障しやすくなります。

例えば、タンク内の水漏れを防ぐためのゴム玉が劣化、変形、壊れている場合には水漏れが起こります。あるいは、結露防止用の発泡スチロールが膨張することでも水漏れを引き起こすこともあります。時々、節水用のペットボトルを入れている為にタンク内の動きを邪魔して起こることもあります。トイレの水量は、予めメーカーが計算して調節されています。ペットボトルによる節水行為は、逆にタンク内の動きに干渉してしまう恐れがありますので、あまりお勧めできません

トイレの水漏れは、タンク内故障、レバーの不具合によって引き起こされることがほとんどです。対応としては、部品の交換が必要になりますので、深刻な状況になる前に、水回りの専門業者へ相談されると良いでしょう。

水漏れトラブルの対応

家中の水回りは、常に水漏れの可能性があります。台所、お風呂場、洗面台、トイレ等、毎日必ず使用する場所であり、使い続けることで経年劣化しますので、トラブルは避けることは難しく、いかに素早く対応するかが大切になってきます。水漏れと言っても、様々な種類がありますので、簡単に解決できるケースから、業者を呼んで工事に至ってしまうケースまであります。また、マンション住まいの方の場合には、自分の家の問題ではなく、上階の入居者や、マンション設備の老朽化が原因による、天井からの水漏れ等もあります。まずは発生場所、原因の確認と特定をすることがポイントであり、その後素早く対応を考えるようにしましょう。

業者小さい水漏れに関しては、ネジを締め直したり、パッキン等の部品を取り替えたりすることで簡単に解決することがあります。水回りのトラブルは、ある程度予兆があることが多く、その予兆を感じても、放っておくことで被害が大きくなることがあります

水漏れに関しては、台所であれば、ポタポタと水が落ちているけれど少量だからそのまま放置しておく、トイレであればチョロチョロと水が流れる音がしているけれど気にしなかった、あるいは洗濯機周りなど、湿っているような気がしたけれどそのままにしていた等、後から思えば予兆はあったのに、後にひどい状況になるまで放置していたことで、簡単に解決できなくなるという危険性があります。ここでは、適切な対処をする為に、家の水漏れに関して説明します。